検診では見つからない「血糖値スパイク」に早めに気づきましょう

「肥満ぎみだけど健診で正常だったから、糖尿病の心配はないだろう」と安心していませんか? 食後に血糖値が急激に上昇し、すぐに下降する「血糖値スパイク」の状態を放置しているうちに、命にかかわる病気を引きおこすリスクが高まることが注目され始めました。

食事の直後に血糖値の急上昇・急降下をくり返す「血糖値スパイク」

食事をとると、炭水化物は消化管で野菜や脂肪と混ざり、ゆっくりとブドウ糖に分解されて吸収され、肝臓に流入します。すると、瞬時にすい臓からインスリンというホルモンが分泌され、その働きによってブドウ糖は肝臓の細胞に取り込まれます。

一部のブドウ糖は肝臓を通り抜け、血糖値が上昇しますが、そのブドウ糖も筋肉や脳に取り込まれ、全身の細胞のエネルギーとして有効利用されています。このように血糖値は食後に上昇し、ゆっくりと戻ります。

ところが、食後に血糖値が”一過性に過剰に”上昇し、すぐに急降下することがあります。血糖値の変化をグラフにすると、この「食後過血糖」はスパイク(尖ったもの)の形になっていることから、「血糖値スパイク」と名付けられ、注目を集めています。

健康な人であれば、暴飲暴食をして血糖値が上昇しても、ピークが140mg/dLを超えることはありません。ところが、脂肪のとりすぎや運動不足の状態がつづくと”軽度の脂肪肝”になり、インスリンの働きが低下して肝臓がブドウ糖を十分に取り込めなくなり、食後に血糖値が急激に上昇します。

血糖値の異常な上昇を感知して多く分泌されたインスリンの働きにより、肝臓を通り抜けたブドウ糖が筋肉などに素早く取り込まれることから、血糖値が急速に低下するのです。

血糖値スパイクは、正常と糖尿病の中間に位置づけられており、病気とはいえません。しかし、血糖値スパイクは糖尿病の前段階であり、その状態を放置していると、やがて糖尿病を発症するリスクが高まることに加え、その段階から動脈硬化が急速に進み、命にかかわる重大な病気を引きおこすこともわかってきました。

「血糖値スパイク」は糖尿病だけでなくさまざまな病気の引手金になる

血糖値スパイクにより、血管の壁が傷つき、そこから侵入した血球やコレステロールなどにより動脈硬化が進行します。私たちの調査でも、血糖値スパイクが持続している人では、糖尿病の人と同程度に動脈硬化が進行していることが明らかになりました。

一方、血糖値が急降下すると、からだは非常事態が生じていると感知し、副腎からアドレナリンなどのストレスホルモンの分泌を高め、血糖値を元に戻そうとします。こうしたホルモンなどの影響がさらに血管を傷つけ、動脈硬化をいっそう進行させ、心筋梗塞や脳梗塞を引きおこした例がよくあります。

また、これまでの研究で糖尿病の患者では、がんや認知症を発症するリスクが高まることが注目されており、血糖値スパイクも同様のリスクを高めることが指摘されています。

現在、糖尿病を早期発見するために、健康診断では、ヘモグロビンA1C(エーワンシー)値と空腹時血糖値を測定しています。しかし、血糖値スパイクは一過性のものなので、2カ月間の平均血糖値を反映するヘモグロビンA1C値は正常域です。ですから血糖値スパイクは一般の健診では見つかりません。

今の日本のように、運動不足や脂肪のとりすぎの人が多い現状では、健診結果に問題がない人のなかにも、血糖値スパイクをおこしている人が少なくないでしょう。

そこで大学病院などでは、糖尿病と診断されていなくても、”血糖値スパイクをおこすリスクの高い人”は、定期的に食事2時間後に尿検査の試験紙で尿糖の有無を調べ、早期発見する習慣をつけることをすすめています。血糖値スパイクに早く気づき、以前の健康な状態に戻る対策を講じることが大切だからです。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加