スギ花粉症と症状が似ている別の病気も

中高年になって初めてスギ花粉症を発症する人もいる

2月から3月にかけては、かぜが流行する時期です。鼻水や鼻づまりなどの症状が出ると「かぜかな」と思いがちですが、中高年になって初めてスギ花粉症を発症する人もいます。また、スギ花粉症とは別のアレルギー性鼻炎や、症状が似ているまったく別の鼻の病気もあります。鼻水や鼻づまりの症状が現れる代表的な鼻の病気の特徴や対策を紹介します。

この時期、鼻水、鼻づまり、くしやみなどの症状が出ると、スギ花粉症の人でなければ「かぜかな」と思うでしょう。しかし、「いつもより鼻水などの症状が強い、治りも悪いな」というときは、スギ花粉症かもしれません。花粉症は、本来は無害の花粉をからだが異物と認識し、排除しようとしておこるアレルギー反応です。

かぜはウイルスによる感染症の一種で、発熱やのどの痛みを伴うことが多く、鼻水は、最初はサラサラしていますが、やがて粘っこく色のついた鼻水に変わっていきます。花粉症の場合は、熱が出ることはなく、鼻水はいつまでも水っぽいままです。目のかゆみがあれば、花粉症などアレルギー疾患の可能性が高いといえます。

その場合は、炎症を抑えるために花粉症のケアを早く始めることが必要です。

アレルギー性鼻炎以外にも種類はいろいろ

花粉症と思われる症状が、今だけでなく1年中みられるようなら、ダニやハウスダスト(ほこり)が原因のアレルギー性鼻炎の可能性もあります。また、もし秋に同じような症状が出る場合は、スギとは別の花粉症の可能性があります。

スギ花粉症とほかのアレルギー疾患を合併しているケースもよくみられます。スギ花粉症に似た症状がほかの季節にも出る人は、耳鼻咽喉科で検査を受け、原因を明らかにすることが第一です。

耳鼻咽喉科では、症状を確認する問診や、鼻の中の診察をしたうえで、血液や鼻水を採取してさまざまな検査を行い、アレルギー性鼻炎かどうかを調べます。アレルギー性鼻炎であることがわかった場合は、アレルゲン(アレルギーの原因となっている物質)を特定するために、皮膚反応検査やRAST(特異的IgE抗体検査)などの詳しい検査が必要になることもあります。

たとえば、同じスギ花粉症であっても、症状の出方や重症度には個人差があります。また、鼻水、鼻づまりなどの症状はアレルギー性鼻炎ではない、副鼻腔炎、鼻中隔湾曲症などでもおこります。つらい症状をしっかり抑えるためには、きちんと医師の診断を受け、一人ひとりに合った治療を受けることが大切です。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加