スギ花粉症とダニアレルギーの根治を目指す「舌下免疫療法」

治療を開始する時期に制限がある

最近、注目されている舌下免疫療法は、スギ花粉の成分やダニの成分を含むエキスを舌の裏に含ませ、体内に吸収させて、からだを徐々にスギ花粉やダニに慣らし、症状をおこさないようにする根治療法です。

日本医科大学付属病院で行った臨床研究によると、舌下免疫療法を行ったスギ花粉症の患者さんの70~80%が、症状が消失または軽減しています。ただし、舌下免疫療法の治療期間は2年以上に及ぶことが多く、継続的に治療に通うのが難しい場合があります。

また、気管支ぜんそくがある人や、特定の薬をのんでいる人は治療が受けられないこともあります。治療を開始する時期に制限があり、副作用がおこる可能性もあるため、アレルギー性鼻炎で、この治療に興味がある人は医師に相談するといいでしょう。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加