鼻水や鼻づまりがおこる代表的な鼻の病気「慢性副鼻腔炎」

ウイルスや細菌に感染して鼻水や鼻づまりの症状が出る

慢性副鼻腔炎は、かぜやアレルギーなどをきっかけにおこる病気です。主な症状として、鼻づまり、黄色や緑色の膿のような鼻水などがあります。

慢性副鼻腔炎で多いのは、次の2つのタイプです。まず、俗に”蓄膿症”と呼ばれ、ウイルスや細菌に感染することで副鼻脛に膿がたまる「慢性化膿性副鼻腔炎」。もう1つは、アレルギーにより副鼻腔に炎症がおこり、そこに免疫細胞の好酸球が集まってきて発症する「好酸球性副鼻腔炎」です。好酸球性副鼻腔炎は、アレルギー性鼻炎やぜんそくを合併しやすいという特徴もあります。近年患者数が増加しており、2015年に難病に指定されています。

抗菌薬やステロイド薬などで副鼻腔の炎症を抑える

慢性副鼻腔炎の診断をするために、問診に加えて、症状に応じて細菌検査、内視鏡検査、X線、CT(コンピュータ断層撮影)、MRI(磁気共鳴断層撮影)などの画像検査、血液検査、嗅覚検査などを行います。

治療は原因や症状に応じて、薬物治療、局所療法、手術の3つから選択されます。薬物療法は、慢性副鼻腔炎のタイプによって使用する薬が異なります。慢性化膿性副鼻腔炎では、マクロライド系抗菌薬などを使用し、好酸球性副鼻腔炎ではステロイド薬やロイコトリエン受容体括抗薬などが使われます。

局所療法では、ネブライザーという液体噴霧装置を使って、炎症がおこっている鼻腔や副鼻腔の洗浄と、薬剤の吸入を行います。

鼻腔に鼻ポリープがある場合には手術が検討され、内視鏡とマイクロデブリッダーという器具などを使って、鼻ポリープや腫れた粘膜などを切除・吸引します。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加