前立腺がんは、早期であれば希望する治療法を選択できます

早期なら体に負担の少ない治療法が

前立腺がんは多様な治療法がととのっており、新薬の開発も進んでいます。早期に治療を始めれば、からだに負担の少ない治療法だけでなく、「治療後、どのような生活をしたいのか(何を優先したいのか)」といった、本人や家族の希望を取り入れた治療法の選択が可能です。

定期的な検査だけで様子をみる「監視療法」

前立腺がんに限らず、治療にはある程度のリスクがつきものです。このため、すべて早期治療がよいとは限りません。前立腺がんの場合、PSA値10ng/mL未満で悪性度も低ければ、定期的な検査だけでとくに治療しない監視療法も選択肢の一つです。検査の結果、病気の進行が確認されれば、すぐに治療を開始します。

体内からの放射線照射や粒子線治療などもある「放射線療法」

手術以外で前立腺がんの根治を目指すのに有効なのが放射線療法です。X線を使う場合、必要な部分だけに照射できる3D-CRT(三次元原体照射法)やIMRT(強度変調放射線療法)などがあります。

これらは放射線を体外から照射しますが、放射性物質を体内に埋め込み、組織内から照射する密封小線源療法もあります。また、放射線療法には、X線の代わりに陽子線や重粒子線を使う粒子線療法もあり、転移のない(限局性および居所進行性)前立腺がんに対しては、健康保険適用となっています。

「ロボット支援」が保険適用できる「手術療法」

がんが前立腺の中にとどまっていて、余命が10年以上で体力も十分なら、根治を目指す手術が可能です。前立腺と精嚢をすべて切除して、膀胱の出口と尿道をつなぎ直します。

下腹部を開腹するか、腹腔鏡による手術が一般的です。また、ロボット支援手術のなかでも前立腺がんに対する手術は健康保険適用となっており、すでに多くの実績があります。

男性ホルモンを妨げ、がんの増殖を抑える「ホルモン療法」

前立腺がんは男性ホルモンによって増殖します。そこで男性ホルモンの働きを妨げ、がんの増殖を抑えるのがホルモン療法(内分泌療法)です。がんが前立腺の周囲に広がったり、転移がある場合に行われます。

外科的な方法もありますが、現在はほとんど薬による治療です。薬による治療には、精巣からの男性ホルモンの分泌を抑える薬の注射や、男性ホルモンの作用を妨げる薬の服用などがあります。

ホルモン療法後の新薬が続々登場

薬によるホルモン療法をつづけていると、やがて薬が効かなくなります。始めからホルモン療法薬が効かないケースもあります。そのような場合の治療法は、以前は抗がん薬のドセタキセルなどに限られていました。

しかし、近年、新たなホルモン薬や抗がん薬などが続々と開発されています。具体的には、工ンザルタミド、アビラテロン、アパルタミド、ダロルタミド(以上ホルモン薬)、カバジタキセル(抗がん薬)、デノスマブ(骨転移治療薬・分子標的薬)、ラジウム223(骨転移治療薬)などです。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加