平均寿命は男女ともに過去最高。健康寿命とは大きな差がある

厚生労働省の調査で、2019年の日本人の平均寿命が過去最高となったことがわかりました。しかし、健康寿命との差は大きく、介護などが必要な期間はおよそ10年となっています。

認知症や脳卒中などが原因で介護が必要になる人が多い

厚生労働省が発表した「令和元年簡易生命表の概況」によると、男性の平均寿命は81・41歳、女性は87・45歳といずれも過去最高だったことが明らかになりました。ここでいう平均寿命とは、新しく誕生した0歳の子どもが、その後生きると予測される年齢(平均余命)を示しています。

平均寿命は延びていますが、すべての人が亡くなるまで健康的な生活が送れているというわけではなく、健康寿命との差が大きいことが問題としてあげられています。

健康寿命とは、病気や介護などの問題で日常生活が制限されることなく健康的に生活できる期間をいいます。厚生労働省が発表している直近のデータ(2016年)によると、健康寿命は、男性72・14歳、女性74・79歳です。平均寿命との差は男性が9・27歳、女性は12・66歳あり、これだけの期間、介護や支援が必要になっているということです。

厚生労働省の「2019年国民生活基礎調査の概況」によると、介護や支援が必要になった原因としては「認知症」がもっとも多く、「脳血管疾患(脳卒中など)」、「高齢による衰弱」がつづき、ほかに「骨折・転倒」や「関節疾患」があげられています。

これらの疾患を予防するために大切なのが、栄養バランスのととのった食事をとることです。とくにたんばく質は、筋肉や骨、血液など、身体機能の維持に必要な栄養素なので、十分にとりましょう。

運動習慣をもつことも、骨や関節などの機能を保ち、転倒を防ぐために重要です。また、家族や友人と会話することや日記を書くことは、脳の認知機能の維持に役立ちます。高血圧症や糖尿病などの持病がある人は、血圧や血糖値をコントロールするなど、日ごろの管理をしっかり行いましょう。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加