体幹を鍛えて疲れにくいからだになる!

夏バテ解消にも効果あり

姿勢の維持や、さまざまな日常動作を担っているのが、からだの軸となる体幹です。体幹がしっかりしていれば、効率的な動きができてムダな力がかからなくなり、からだは疲れにくくなります。

胸部、背中、腹部、骨盤周りなど体幹を構成する筋肉群を、バランスをとりながら大きく伸ばして刺激する体操で鍛えていきましょう。何となくからだが重だるい…そんな夏バテ解消にも効果ありです。

① 脚を前後に大きく開き、背中の後ろで手をしっかりと組みます。頭から後ろ脚まで一直線になるように上体を前に倒し、腕をできるだけ上げます(バランスがうまくとれないときは、脚をあまり開かず、後ろ脚のかかとを床につけてもOK)。

② 胸を開きながら、視線が斜め上を向くくらいまで、からだを起こします。①⇔②を勢いをつけずにリズミカルに、10回くり返します。脚を替えて同様に行います。

手はしっかりと組み、肘を伸ばして行うのがポイント。慣れてくると、組んだ手の位置が徐々に上がるようになります。脚を替えて各10回くらい行います。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加