閉経後はメタボ検診の検査値が悪化しやすい?

女性の場合、30~40代で生活習慣病になる人はそれほど多くありませんが、50代になると急にその数がふえてきます。これには、女性ホルモン(エストロゲン)が深くかかわっています。更年期(閉経の前後10年をいう)になり、特定健康診査(メタボ健診)の検査値が悪化していることに気づいたら、早めに対策を始めましょう。

からだを守るエストロゲンの作用が得られなくなる

エストロゲンは卵巣から分泌される女性ホルモンで、月経や生殖、女性らしいからだづくりにかかわっているだけでなく、血管をしなやかに保ち、内臓脂肪を分解しやすくしたり、動脈硬化を防いだりする作用もあります。

その働きによって女性は男性に比べ、「高血圧症」「脂質異常症」「糖尿病」といった生活習慣病の発症が抑えられています。

しかし閉経後は、エストロゲンの分泌量が急減し、からだの中で一気に生活習慣病につながる変化がおこります。食事の内容や生活習慣がとくに変わっていないのに、さまざまな検査値が急速に悪化します。

体重がふえ、血圧や血糖値は上昇し、LDL(悪玉)コレステロールや中性脂肪が増加する一方で、HDL(善玉)コレテロールは減少し、生活習慣病のリスクが急に高まります。動脈硬化も進みやすく、心筋梗塞や脳梗塞など重大な病気を引きおこす危険性も高くなります。

男性は加齢とともに徐々に生活習慣病の人がふえていきますが、女性は閉経を機に急に生活習慣病になる人がふえるということを知っておきましょう。

更年期以降の人は、メタボ健診で「肥満度」「血圧」「脂質」「血糖」の検査値が悪化していたら、早めに生活習慣の改善に取り組むことが大切です。

エストロゲンの減少によっておこる別の病気にも注意が必要

エストロゲンは、皮膚や粘膜の潤いを保つ、骨の代謝を活発にするなどの役割も担っています。

更年期になると、エストロゲンの急減によって骨代謝のバランスが崩れ、閉経後は骨量が減っていき、10年後には20%も減少するといわれています。閉経後は早めに骨粗しょう症検査を受け、骨量が低下していたらすぐに対策を始めましょう。

エストロゲンが減少すると自律神経が乱れ、のぼせ、疲れやすい、イライラする、などの更年期症状が現れることがあります。また、中高年の女性に多いバセドゥ病・橋本病などの甲状腺の病気も似たような症状が現れます。

更年期症状で日常生活に支障を来すようなときは、症状を軽減するためにも、ほかの病気を見逃さないためにも、早めに婦人科を受診しましょう。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加