マイナンバーカードが健康保険証に!

2021年3月(予定)から、マイナンバーカードが健康保険証として利用できるようになります。マイナンパーカードを利用することで、さまざまなメリットがあります。

保険証として利用する5つのメリット

マイナンバーカードを健康保険証として利用すると、次のようなメリットがあります。

① マイナンバーカードを使えば、就職や転職、引っ越しなどをしても、健康保険証を切り替えることなく、同じカードで受診できます(ただし、健康保険組合への加入の届け出は引きつづき必要になります)。

② 医療機関や薬局の受け付けでマイナンバーカードを力-ドリーダーにかざすことによって、力-ドのICチップにある電子証明書により医療機関・薬局と健康保険組合間で医療保険の資格をオンラインで確認できるようになるため、受け付け業務がスピーディーになります。

③ 医療費が高額になり高額療養費の対象になったときに、限度額適用認定証の手続きをしなくても、窓口での支払いが自己負担限度額までで済むようになります(ただし、自治体独自の医療費助成などの場合は書類の持参が必要です)。

④ 2021年3月から自分の特定健康診査(メタボ健診)の情報を、2021年10月から自分の薬剤情報を確認できるようになる予定です。

⑤ 2021年10月から、自分の医療費の情報が確認できるようになり、2021年分の所得税の確定申告から、マイナポータルを通じた自動入力で、医療費控除の手続きが便利になります。

保険証として利用するときのQ&A

Q.何か手続きは必要なの?

A.マイナンバーカードを健康保険証として利用するには、まずマイナンバーカードを取得し、マイナポータルで申し込むことが必要です。力-ドを取得したら、マイナンバーカード読み取り対応のスマートフォン(またはパソコンとICカードリーダー)で、「マイナポータルAP」のインストールをしましょう。

Q.使える病院や薬局はどこ?

A.2021年3月から、約6割程度の医療機関や薬局などでマイナンバーカードが健康保険証として利用できる予定です。利用できる医療機関や薬局については、厚生労働省・社会保険診療報酬支払基金のホームページで順次公表されます。

Q.これまでの健康保険証は使えるの?

Aマイナンバーカードをまだ健康保険証として利用できない医療機関や薬局では、引きつづき健康保険証が必要になります。また、マイナンバーカードを健康保険証として使える医療機関や薬局でも、従来どおり、健康保険証を使って受診することができます。

Q マイナンバーを他人に見られて大丈夫?

A 医療機関や薬局の窓口の職員が取り扱うのは、12桁のマイナンバーではなく、カード内のICチップに入っている利用者証明用電子証明書です。他人が勝手にマイナンバーを使って手続きできない仕組みになっています。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加