女性が気になるがん「子宮頸がん」

子宮の入り口(頸部)にできる子宮頸がんは、若い女性に多いイメージがあるかもしれませんが、もっとも患者数が多いのは40代です。2年に1回は子宮がん(子宮頸がん)検診を欠かきずに受け、早期発見・早期治療を心がけましょう。

ありふれたウイルスが原因。感染したごく一部ががんに進行

子宮頸がんの原因はヒトパピローマウイルス(HPV)というウイルスへの感染です。100種類ほどあるとされるHPVのうち、ハイリスク型と呼ばれる10数種類が子宮頸がんを発症させることがわかっています。

HPVは、いぼなどをつくるありふれたウイルスで、男女を問わず、主に性交渉で感染します。性交渉の経験がある女性は生涯で約80%がHPVに感染するといわれています。

ウイルスに感染しても多くは免疫の働きによって自然に排出されます。体内に残った約10%のうちの一部が、子宮頸部の細胞に作用して「異形成」と呼ばれる前がん病変をつくります。異形成の多くはそのまま推移しますが、ごく一部が数年から十数年かけて子宮頸がんに進行していきます。

前がん病変なら、からだへの負担が少ない手術で根治が可能

子宮頸がんに対しては、20歳以上の女性は2年に1回、細胞診による検診を受けることが推奨されています。細胞診は、綿棒やブラシなどの専用の器具で子宮頚部をこすって細胞を採取し、それを顕微鏡で観察する検査で、異形成も発見できます。

子宮頸がんは細胞診に加えて、組織検査(生検)により確定診断されます。そのうえで、経膣超音波検査、腫瘍マーカーなどの血液検査、CT(コンピュータ断層撮影)やMRI(磁気共鳴撮影)といった画像検査で、がんの広がり診断を行います。

中等度までの異形成なら見つかってもすぐに切除することはなく、経過観察となります。そして、異形成のもっとも進んだ高度異形成や次の段階である上皮内がん(あわせて「前がん病変」)になると、切除手術の対象となります。

前がん病変や初期がんの早期なら、病変部を含む子宮の一部を切除するなど、からだへの負担が少ない治療で根治が期待でき、子宮の温存が可能です。

初期がんの早期までに発見できず、ある程度進行した状態で見つかると、子宮全体を摘出する手術が必要となり、ほかの治療法と組み合わせることもあります。

国立がん研究センター中央病院婦人腫瘍科料長の加藤友康先生は、「異形成が見つかったあとの経過観察は長期に及ぶ場合もありますが、3~6カ月に一度の検査を必ず受けつづけてください」と話し、子宮がん検診に加えて、検診後の経過観察もきちんと受けることを強くすすめています。

さらに「細胞診でわからないタイプのがんもあるので、不正出血(月経以外による性器からの出血)などの気になる症状があれば、すぐに受診してください」とも呼びかけています。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加