女性が気になるがん「子宮体がん」

子宮体がんは、閉経後の50~60代に多いがんです。早期に発見できれば、比較的「治りやすい」といわれています。「不正出血」などがあったら放置せず、早めに受診して詳しい検査を受けることが大切です。

がんが発生する子宮内膜の増殖を促す「エストロゲン」

子宮の入り口にできる頸がんに対して、子宮の奥のほうの子宮休部にできるがんが子宮体がんです。

子宮体がんのほとんどは子宮内膜から発生しています。閉経前は、子宮内膜の組織が周期的にはがれ落ちるため、発がんリスクは低いといえます。ところが、閉経後や、閉経前でも逆に子宮内膜を分厚くする(増殖させる)要因をもっていると発がんリスクが高まります。

子宮体がんの発生には、卵巣でつくられる女性ホルモンのバランスが影響しています。女性ホルモンは大きく二つに分けることができます。子宮内膜の増殖を促すエストロゲンと、反対に増殖を抑えるプロゲステロンです。

これらの女性ホルモンのバランスがなんらかの原因で崩れ、増殖を促すほうのエストロゲンの働きが過剰になり、子宮内膜が異常に増殖することががんの発生につながるのです。

このため、エストロゲンにさらされる期間が長いほど、子宮体がんが発生しやすくなり、「初潮年齢が早い」「妊娠・出産の回数が少ない」といったことが子宮体がんのリスクとなります。

また、エストロゲンは卵巣以外に、脂肪組織でもつくられています。このため、脂肪が多い肥満の人はエストロゲンが過剰になりやすく、子宮体がんの発症リスクが高くなります。

症状に気付いてからの受診でも早期であることが多い

子宮体がんの早期発見・早期治療で大切なのは、月経以外の性器からの出血(不正出血)やおりものの変化などに気付いたら、婦人科を受診して、原因を調べてもらうことです。

子宮体がんの検査は、子宮体部から細胞を採取して顕微鏡で調べる細胞診や経膣超音波検査のほか、腫瘍マーカーなどの血液検査、CTやMRIといった画像検査などです。これらの検査でがんが疑われた場合は、子宮内膜の組織を採取して調べる生検が麻酔下で行われ、診断が確定します。

通常、子宮がん検診といえば、子宮頸がんの検査で、子宮体部の細胞診などは含まれていません。子宮頸がんの検査にオプションとして経膣超音波検査があれば、追加することで子宮休部や卵巣の状態も調べることができます。子宮体がんのリスクの高い人は検討しましょう。

加藤先生は「一般的に、がんは自覚症状が出たときにはすでに進行していて治療が難しい場合があります。しかし、子宮体がんの場合は不正出血などで早期のうちに気付くことも多く、それから受診しても早期であることが多いのです。月経に関連した気になる症状があったら、早めに受診することが重要です」とアドバイスしています。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加