「 話題の病気 」一覧

伝染性紅斑の集団感染に注意しましょう

伝染性紅斑の集団感染に注意しましょう

ウイルス飛散は典型症状が現れる前 伝染性紅斑の感染者がほかの人へ病気をうつしやすいのは、感染から7日くらいたった感冒様の症状が現れるこ...

記事を読む

伝染性紅斑は妊婦さんへの感染に注意

伝染性紅斑は妊婦さんへの感染に注意

感染すると大人のはうが重篤化する伝染性紅斑 伝染性紅斑は2~9歳の幼児や学童に好発しますが、大人にも感染する病気です。本来は子どもの病...

記事を読む

人から人へうつるウイルスの感染症「伝染性紅斑」

人から人へうつるウイルスの感染症「伝染性紅斑」

くしゃみやせきなどによる、飛沫感染が中心 「伝染性紅斑」という感染症が、流行する兆しがあります。両ほおが赤くなることから、俗称としてリ...

記事を読む

自分に必要な健康情報を適切に選ぶ「ヘルスリテラシー」

自分に必要な健康情報を適切に選ぶ「ヘルスリテラシー」

メディアにあふれる健康・医療情報 健康食品やダイエット、ストレスやうつ、患者や家族の生活や思いなど、メディアには健康や医療の情報があふ...

記事を読む

全国に多数設置されている「ドライアイ外来」

全国に多数設置されている「ドライアイ外来」

「目の乾き」とは限らないさまざまな自覚症状 涙の量が減ったり、涙の性質が変化したりして、目の表面(角膜や結膜)が傷つくドライアイ。日本...

記事を読む

補助人工心臓の保険適用には厳しい条件が設定される

補助人工心臓の保険適用には厳しい条件が設定される

厳しい条件が付けられるのは当然 日本で認められている補助人工心臓の使用目的は、心臓移植までの橋渡し、あるいは心臓手術後に心不全...

記事を読む

欧米では補助人工心臓を長期的な在宅での治療にも活用する「デスティネーション・セラピー」

欧米では補助人工心臓を長期的な在宅での治療にも活用する「デスティネーション・セラピー」

日本では認められていない 日本では、補助人工心臓は、自分の心臓機能が回復するまでの橋渡しの役割です。 一方、欧米では補助人工心臓...

記事を読む

補助人工心臓の第一の目的は「心臓移植までの橋渡し」

補助人工心臓の第一の目的は「心臓移植までの橋渡し」

命を救うことが補助人工心臓を使う目的 「現在は、心臓手術そのものが格段に進歩しています。そのため、補助人工心臓が開心術後の重症心不全に...

記事を読む

補助人工心臓はなぜ必要なのか

補助人工心臓はなぜ必要なのか

開心術後の心臓機能の補助を目的に開発 そもそも、補助人工心臓はどうして必要なのでしょうか。その開発の経緯は、心臓手術の方法を知ることで...

記事を読む

体内埋め込み型補助人工心臓が日本人の体格に合わせ小型・軽量化

体内埋め込み型補助人工心臓が日本人の体格に合わせ小型・軽量化

私たちが生きているのは心臓が動いているおかげ 心臓は、心筋と呼ばれる筋肉でできた臓器です。1分間に70回程度、収縮と拡張を繰り返すこと...

記事を読む

スポンサーリンク