「 話題の病気 」一覧

欧米では補助人工心臓を長期的な在宅での治療にも活用する「デスティネーション・セラピー」

欧米では補助人工心臓を長期的な在宅での治療にも活用する「デスティネーション・セラピー」

日本では認められていない 日本では、補助人工心臓は、自分の心臓機能が回復するまでの橋渡しの役割です。 一方、欧米では補助人工心臓...

記事を読む

補助人工心臓の第一の目的は「心臓移植までの橋渡し」

補助人工心臓の第一の目的は「心臓移植までの橋渡し」

命を救うことが補助人工心臓を使う目的 「現在は、心臓手術そのものが格段に進歩しています。そのため、補助人工心臓が開心術後の重症心不全に...

記事を読む

補助人工心臓はなぜ必要なのか

補助人工心臓はなぜ必要なのか

開心術後の心臓機能の補助を目的に開発 そもそも、補助人工心臓はどうして必要なのでしょうか。その開発の経緯は、心臓手術の方法を知ることで...

記事を読む

体内埋め込み型補助人工心臓が日本人の体格に合わせ小型・軽量化

体内埋め込み型補助人工心臓が日本人の体格に合わせ小型・軽量化

私たちが生きているのは心臓が動いているおかげ 心臓は、心筋と呼ばれる筋肉でできた臓器です。1分間に70回程度、収縮と拡張を繰り返すこと...

記事を読む

耳管開放症の手術療法の選択は生活スタイルを考慮

耳管開放症の手術療法の選択は生活スタイルを考慮

安全性の面からでは「耳管ピン」 耳の症状が1日中、または週の半分以上にわたって現れるような中等症以上であれば、手術療法が 検討さ...

記事を読む

耳管開放症の軽症では半数以上に効果がある薬物療法

耳管開放症の軽症では半数以上に効果がある薬物療法

それぞれの病状に見合った治療が 耳管開放症の程度は個人差がありますが、原則として重症、中等症、軽症の3ランクに分類され、それぞれの病状...

記事を読む

耳管開放症は検査技術の向上で正確な診断が可能に

耳管開放症は検査技術の向上で正確な診断が可能に

耳管機能の検査が行える病院は少数 耳管開放症による不快な症状は、突然起こります。頭痛やめまいの後に起こるなど、わかりやすい前兆は、特別...

記事を読む

話題の病気:耳管開放症

話題の病気:耳管開放症

重症の場合は、仕事はおろか、日常生活もままならない 耳の鼓膜の奥には、鼻と耳をつなぐ「耳管」と呼ばれる細長い管があります。この管は、普...

記事を読む

性差も年齢差も考慮されていない基準値で必要のない人が薬を飲まされている

性差も年齢差も考慮されていない基準値で必要のない人が薬を飲まされている

新しい診断基準が大きな波紋を呼んだ 2015年の4月、日本人間ドック学会と健康保険組合連合会が連名で、血圧やコレステロールなどの新しい...

記事を読む

大腸カプセル内視鏡と従来の大腸内視鏡との比較

大腸カプセル内視鏡と従来の大腸内視鏡との比較

「思っていた以上にらくだった」 まず、口から飲み込むだけなので「身体的・精神的な負担が少ない」ということが最大の長所でしょう。 ...

記事を読む

スポンサーリンク